TALL TALES

Tall Tales:「ホラ話、大嘘」。でもオレって結構正直者・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

怪しきドリアン

そして待ちに待ったCATHEDRALが登場!
彼らのライブは初めてなので、ベスト選曲で聴いてみたいけど、
新作「THE GARDEN OF UNEARTHLY DELIGHTS」が充実の内容だっただけに、
新旧交えた選曲もイイカモ・・・とか思ってたらまさにそれだった。

↓セットリストは以下の通り。

1.Utopian Blaster
2.Soul Sacrifice
3.North Berwick Witch Trials
4.Autumn twilight
5.Skullflower
6.Corpsecycle
7.Upon Azrael's Wings
8.Ride
9.Hopkins

まずはイントロがSABBATHのWarPigの冒頭のような雰囲気を持つ
「Utopian Blaster」から始まる。
ドローンとした重く腹に響く音が、他のステージとの違いを
主張しているかのようだった。
この曲はすぐにテンポアップしてノリの良いリズム変わり、
それに合わせて観客も大きく揺れる。

2曲目は初期の名曲「Soul Sacrifice」。
ドゥームならではの重さを持ちながらも、ザクザクと刻まれる
ギターリフが小気味良く、そのリズムに身を委ねると陶酔感に
浸れて心地良い。
(この辺りから気分が高揚して、ちとトリップ気味だったかも)

続くのは新譜の中で一番のお気に入り「North Berwick Witch Trials」。
この曲は「Hopkins」あたりに通じるようなグルーヴ感と、
程良いキャッチーさがあるので、観客の反応もかなり良かった。
(というか自分が喜んでたんだけど)

それにしても、初めて見るリー・ドリアン(Vo)の動きは
噂通りの怪しさで、ステージの存在感は只者じゃない。
この人こそカリスマだよ。
最近下腹が出てきて、額も広くなってきたけど、
そんなことは気にならないカッコ良さだ。
(って気にしちゃうけど。)

バンドの演奏も良く、あのヘヴィで独特なサウンドは
CDで聴くよりも数段力強く感じた。
ギャズ(G)は黙々とプレイに没頭する感じだったけど、
あの名リフの数々を生で聴けただけでも幸せ。

リズム隊のレオ・スミー(B)とブライアン・ディクソン(Dr)のプレイも
素晴らしく、うねるように躍動するベースラインと、
タメの効いたドラミングがギャズのギターと相まって、
CATHEDRAL特有の重くグルーヴに溢れたサウンドを構築している。
特にレオはプレイも派手でアクションも大きく、
長身な彼がリッケンを操る姿はかなり格好良かった。

続いて演奏されたのは「Autumn twilight」。
初期のEP収録のドゥーム色が強いこの曲で
再び会場が怪しげなムードに染まる。
その後は「Skullflower」、「Corpsecycle」、「Upon Azrael's Wings」
と新しい曲が続く。

さすがに新曲の連発で客のテンションが落ちてきたかな?
とか思ってたら、あの特徴的な重いリフとともに「Ride」がスタート。
オレを含めてみんな大喜びで、ここまでで一番の盛り上がりを見せた。

その勢いは「Hopkins(The Witchfinder General)」のコールで
さらに加速し、盛り上がりは最高潮に達する。
リーはマイクのコードを首に巻きつけ、
絞首刑によって絶命するパフォーマンスで締めくくり、
素晴らしいショウに幕を引いた。

楽しすぎてあっという間に終わってしまったけど、
本当に素晴らしいライブだった。
欲を言えば、中盤のSkullflowerは削ってもいいから、
「Midnight Mountain」を聴きたかったかな。

長く活動してきた彼らなので、当然演奏は安定しているし、
ステージでの振る舞いも堂々としていたが、
シンプルな編成であれだけ重厚なサウンドを生み出すのは凄い。
他のバンドは、音はデカくても音の塊になって聴こえにくかったのに、
各パートが聴き分けられたのも良かった。

個人的な思い入れが強すぎるけど、今回のLOUD PARKでは一番良かった。
今度は単独で来日して、ドゥームの世界にドップリと浸らせて欲しい。


ちと長々と書きすぎたかな。
というか、ようやくCATHEDRALまで書いたけど、
未だにLOUD PARKの1日目すら終わってないなんて・・・。
こっから先はサクっと書こうかな。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

  1. 2006/11/20(月) 01:51:33|
  2. ライブのこと
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

LOUD PARK 06 1日目の感想

今更ながらにLOUD PARK 06の報告。

一日目で見たバンドは以下の通り。

OPETH
HARDCORE SUPERSTAR
BACKYARD BABIES
CATHEDRAL
ARCH ENEMY
ANGRA
ANTHRAX
NAPALM DEATH
MEGADETH

会場に着いてからまずはOPETHを遠めから視察。
普通のメロデスかと思ってたけど、全然違ってた。
テクニカルな演奏でプログレ的な変拍子も絡めつつ、KeyやGのメロディが
生み出す独自の沈美的世界観に引き込まれていった。
Voはデス声とディープな普通声を巧みに使い分けてて器用だと思ったな。
(MCの時にその低音ヴォイスで静かに語る感じがまた良い。)
CDは全然聴いたこと無かったけど、これを機会に買ってみようと思ったデスよ。

その後はHARDCOREをスクリーン前から傍観。
連れがこれ系が大好きなのでCDは聴いてたけど、正直興味は持てなかった。
ライブは結構良くて、あんまり曲を知らなくても割と楽しめたけどね。
(ただVoの叫び声の高音がやたらキンキン響いて耳が痛かったのが気になった)
でもやっぱあのルックス(MOTOLEYとかHANOIっぽい服装&メイク)は好きになれないなぁ。

HARIDOCOREのライブが終わるやいなやサイン会のためにトイズのブースへ移動。

いやいやサイン会は良かったですよ。
まさか全員と握手できて、サインまで貰えるとは思ってなかったので、
ある意味これが今回一番の収穫ともいえる。
(ただ、言いたいことが全く言えない自分の英語力の無さに愕然ともした)
メンバーは全員対応が丁寧で、とても紳士的だった。
(さすがはジェントルメンな英国紳士)
Drのブライアン・ディクソンなんてCDとジャケットと2箇所に書いてくれたし。

あまりにも嬉しくて、サイン貰った後もサイン会が終わるまで脇で
ずっと見てたから、DRAGONFORCEは最後のちょっとしか見れんかった。
なんかどらえもんらしきギターを抱えていたけど、彼らってそういうノリなん?
(オレの中ではあの異様な速弾きがすでにギャグっぽいんだけど)

DRAGONFORCEが終わった後、CATHEDRALを最前列で見るべく、
そのまま移動する人波をかきわけてBIG ROCK STAGEの前列を確保。
BACKYARDはそこからスクリーンで見てた。
んでも、やっぱオレはロックンロールはダメらしく、見てるのが辛かった。
それはドゥーム仲間(?)であるCATHEDRAL待ちの人達も同じらしく、
周りはどんどん深い眠りへと落ちていった・・・。

オレはといえば、眠気を紛らわすために
ステージに時折現れるギャズ(G)やレオ・スミー(B)を見て楽しんでいた。
彼らってばサウンドチェック自分でやるのね。
(そういえば以前NAPALM DEATHも自分でやってたなぁ)

そんな不毛な時間を過ごしながらBACKYARDが終わりに近づくと
徐々に人が集まってきて、オレの近くには妙なテンションの外人達が出現。
「体デカイから邪魔やなぁ~」とか思いながらも前列はしっかり死守。

ってそうこうしてたら場内が暗転!

CATHEDRALキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

・・・と長くなってきたので分けます。
ちなみに貰ったサインはこんな感じ。↓

サイン

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2006/11/06(月) 02:30:38|
  2. ライブのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

SHIN250

Author:SHIN250
趣味は音楽(ハードロック・ヘヴィメタル)とバイクを少々。あとテレビっ子でお笑い好き。そんなあれこれをブログに書いてみたりします。(ちなみに写真のは借り物バイク・・・。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

FC2 Blog Ranking

ブログフリーク

人気ブログ検索 - ブログフリーク

人気blogランキングへ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。